wisdom Blogブログ

【インタビュー】創設者ソレン・ゴードハマー氏 第2回「Wisdom2.0 10年の変化」

2019.12.12

  • Tweet
  • Share
  • LINE

(English version : click here)

前回に引き続きWisdom2.0の創設者であるソレン・ゴードハマー氏のインタビューをお届けします。
今回のテーマは「Wisdom2.0 10年の変化」です。

第1回 「Wisdom2.0とは何か?なぜそれを始めたのか?」はこちら

●ソレン・ゴードハマー氏


Wisdom 2.0 Conferenceの創設者、社会活動家。
ピースウォークで世界を歩いたのち、Wisdom2.0カンファレンスを立ち上げ、マインドフルネスを用いたデジタル化社会との融合を提案する。
2009年から10年間毎年開催されているカンファレンスは、3500人の参加者が集まる、マインドフルネス関連世界最大規模のものとなる。

●インタビュアー 荻野淳也


Wisdom2.0 Japan共同創設者。
慶応大学卒、外資系コンサルタントやベンチャー企業のIPO担当や取締役を経て、リーダーシップ開発、組織開発の分野で、一部上場企業からベンチャー企業までを対象にしたコンサルティング、トレーニング、エグゼクティブコーチングに従事。
ミッションマネジメント、マインドフルリーダーシップ、マインドフルコーチングという軸で、リーダーや組織の本質的な課題にフォーカスし、リーダーや組織の変容を支援している。Googleで開発されたSIYの認定講師。
書籍は「がんばりすぎない休み方」(文響社)他、監修・解説も多数。

サンフランシスコでのWisdom2.0は10年間でどのような変化が起こってきたのでしょうか?

10年前にサンフランシスコでWisdom 2.0を始めた時、参加した人たちは様々な好奇心を持っていました。
どうしたら仕事や家庭生活など、自分の人生をもっとマインドフルにできるのだろうかという好奇心です。

このような関心のポイントは10年間変わっていません。

現在は、人々はもっと様々な側面から人生をマインドフルにすることに関心を持っています

個人的な人生という範囲だけでなく、
どうしたらもっとマインドフルな教育制度を作れるだろうか、
どうしたらもっとマインドフルな政治システムを作れるだろうか、
どうしたらもっとマインドフルな医療システムを作れるだろうか、などです。

もっとマインドフルな社会をつくるにはどうしたらよいか、
というところにまで関心の範囲が拡大したのです。

個人は、その一部ですね。

それから、世の中で社会的にどのようなインパクトがあるのだろうかということにも高い関心がよせられています。

トラウマや痛みの癒し方や、銃による暴力がなぜ起こるのかを理解したり。
もっとマインドフルに法律の整備や変化をサポートして、苦しみを減らしていくためにはどうしたら良いのか。

カンファレンスがカバーする範囲は、個人の生き方だけでなく、コミュニティを含め社会のあらゆる側面にまで広がってきました。

この10年間で世界に与えたインパクトは何なのでしょうか?

この10年様々なインパクトがありました。

まず個人レベルでの変化が起きています。

人々は、ストレスや困難と付合いながら仕事をするためのスキルをより多く習得してきました。
コミュニティが形成され、人々は繋がっていることを実感しています。

マインドフルネスという言葉は、以前はそれほど使われていなかったのですが、
今ではテクノロジーリーダーたちのディナーの席で重要なトピックです。

誰でも知っていて、多くの人が瞑想やその他のマインドフルネスを実践しています。
マインドフルネスは広く受けいれられ、それが何年も継続、拡大を続けていますし、その重要性もとてもよく理解されています。

これには科学が果たした役割も大きいということが研究で示されています。

例えば、LinkedInは、叡智(Wisdom)、コンパッション、マインドフルネスを会社の中核に位置付けています。
CEO以下の全社員が自分たちのバリュー(価値観)はこれで、それを支えるプログラムはこういうものがあって、お互いの関係性をこのようにしたいとわかっています。

また、Twitterの創業メンバーかつ元CEOで、新たにMediumという会社を立上げたEvan Williamsのように、会社設立時点でマインドフルネスを前面に掲げる起業家もいます。
彼は「マインドフルな会社をつくりたい」と公言しているように、マインドフルネスは後から付け足したものではなく、会社創業時点での理念なのです。

このように起業段階からウェルビーイングを支えたいという理念を持った企業が増えています。
ウェルビーイングを支援するということは、よりハッピーでよりバランスのとれた社員たちになるだけでなく、いい仕事をするようになるのです。

それは、よりやる気が出て自分をしっかり理解し、ストレスも減るし働き過ぎも減るからです。

社会がウェルビーイングやマインドフルネスを大切だと考える方向に動いています。
実際、それはビジネスにとっても良い影響があります。
まだまだやるべきことはたくさんありますが、かなりの変化が起こり、理解が進みました。

この動きは決してテクノロジーのコミュニティに限られたものではなく、医療や政治、教育などのコミュニティにもみられます。
マインドフルネスの素晴らしいところは、特定の宗教等の信仰を前提としていないことです。
私たちの内面にあるアウェアネスを覚醒させることで、もっと満たされた生き方や、人生を満喫することができるということに多くの人が気付いたのだと思います。

そして科学ですね。マインドフルネスを科学的に説明できるようになったので、「じゃ、やってみようか」という人も出てきたでしょう。
様々な要素が組み合わさって、文化面でも様々な変化が起こり、Wisdom 2.0も成長してきました。

第3回目のインタビュー 「Wisdom2.0から得られるもの」はこちら

インタビュー動画:

Wisdom2.0前売チケット1月31日まで発売中!

2020年3月21日(土)・22日(日)
虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催

現在、21%OFFの早割チケットを発売中です。(枚数限定)
2020年、日本での初開催となります。ぜひこの機会をお見逃しなく!

チケット購入はこちら

[Interview] with Wisdom 2.0 Founder Soren Gordhamer
2nd round: “Wisdom2.0: How it has changed during the last 10 years”

Here is the 2nd round of the interview with Mr. Soren Gordhamer, founder of Wisdom2.0. The theme of the interview is “Wisdom2.0: How it has changed during the past 10 years.” Enjoy!

●(Interviewee) Soren Gordhamer


Founder of Wisdom 2.0 Conference & social activist.
After traveling around the world on peace walks to promote peace and environmentalism, Soren founded Wisdom 2.0 Conference with the intention of fusing mindfulness with the digital world. Since it was first organized in 2009, the conference has been held annually and to date has gathered more than 5000 people. Today Wisdom 2.0 is one of the world’s largest mindfulness-related conferences.

● (Interviewer) Junya Ogino


Co-founder of Wisdom 2.0 Japan.
After graduating from Keio University, Junya has worked in various fields such as foreign investment consultancy, IPO managing & director in venture companies, leadership & organizational development and has provided advice, training, and executive coaching for many listed companies and venture capitalists. Applying his knowledge of mission management, mindfulness leadership, and mindfulness coaching, Junya focuses on issues related to the transformation of leadership methodologies and organizations. He is also the author of “How to Take a Frustration-Free Day Off: Mindfulness That Begins with Time Taken Off”

In San Francisco, Wisdom2.0 has been around for 10 years. How has it changed during these years?

So when we started wisdom 2.0 ten years ago in San Francisco people came with a lot of curiosity.
And they’re very curious about how they live more mindfully in their life, in their job and their home life.
And in the last ten years that interest has stayed the same.

People are also interested in how they become more mindful in a lot more aspects of their life.
Not just their little personal life but how they create a more mindful education system, how they create a more mindful political system, how they create a more mindful healthcare system.
So the interest has expanded to include how they create a more mindful society. The individual is a part of that. People are also very interested in what the social impacts are in the world.

How do we heal from trauma or pain that has come our way how do we understand gun violence and how do we become more mindful and supporting with the legislation and changes so that there’s less suffering in that area?
So the conference has really expanded to include all aspects of society not just a person but the community as well.

What kind of impact has Wisdom2.0 brought about in the world?

In the ten years we’ve seen a lot of impact.
Some of the impact has happened on people personally, so people have come and developed more skill sets in terms of working with stress and working with challenges.

We’ve also seen people create more community and more sense of connection and there’s also been now where it used to be that mindfulness wasn’t really a word that was used.
Now if you go to technology leaders and they’re all having dinner, mindfulness is a big topic of conversation.
Everybody understands it. Everybody. Many of them have a meditation practice or mindfulness practice.

So it’s something that’s very accepted and it’s been lasting now continuously for many years. It continues to increase the acceptance and the importance of it is really understood.

And the science has been very helpful.
The studies have shown and then we have companies like LinkedIn, for example, who’s made wisdom and compassion and mindfulness a central
part of the company.
So from the CEO down, they say this is a value we have, here’re programs to support that, here’s how we want to relate to one another and you also have entrepreneurs like Williams who was one of the founders in the former CEO of Twitter. He created a new company called medium and he brought mindful ascend from the very beginning.

He wanted to say I want to create a mindful company so it wasn’t just something that was an afterthought later on but it was an intention right from the beginning.

So we see more and more companies like that starting that says we want to support well-being right from the get-go, and we know that if we support well-being, not only we have a happier and more balanced staff, but they also tend to do better work because they’re more inspired. They are more connected to themselves, or less stressed out and less overworked, and so we’re seeing a movement in society that says well-being matters, mindfulness matters. And it actually helps our business. It doesn’t hurt our business.
So I still have a lot of work to do but we’ve seen a lot of change and acceptance and movement now.

And it’s not just in the technology community it’s in the healthcare community, it’s in the political community, it’s in the educational community. And I think the beautiful thing about mindfulness is it doesn’t require any particular religious belief or other belief.

We just say we have this awareness that’s inside of us and ask “Can we wake up to that?” and “Can we live more fully from that place so that we have great appreciation and connection with life?” And so I think for a lot of people and also the scientists, they feel like “Oh there’s science now that helps explain this, so I’m going to try it.”

So I think the combination of the things has led to a lot of changes in their culture, and Wisdom 2.0 has grown because of that.

Next Interview : 3rd round: “What participants can gain from Wisdom2.0”

Video:

Advance Bird Tickets (21% off) now on sale Until Jan 31.

The 2-day conference is scheduled to be held on
Saturday 21 and Sunday 22 of March, 2020, at Toranomon Hills Forum.

Our first Wisdom2.0 in Japan is finally here!
The advance tickets are now on sale for a limited time. Donʼt miss this opportunity to reserve your seat at a 21% discount rate!

REGISTER NOW & SAVE!