wisdom Blogブログ

バーバラ・フレデリクソン(ポジティブ心理学)【Wisdom2.0登壇者紹介】

2019.11.16

  • Tweet
  • Share
  • LINE

(English version : click here)

Wisdom2.0Japan開催まで約4カ月となりました。
今回はポジティブ心理学の牽引役、バーバラ・フレデリクソンの偉大なる業績の一部をご紹介します。

登壇者紹介: バーバラ・フレデリクソン

バーバラ・フレデリクソン博士は、ポジティブ心理学の創始者マーティン・セリグマン博士の愛弟子であり、その著書『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』(原題:Positivity, 2009)の中で、ポジティブであることと、そのことにより人生がどう変化するのかを明らかにしました。

当時の研究では、ポジティブな感情とネガティブな感情の比がおおよそ3対1であると優秀なチームが実現し、人間関係や結婚生活がうまく行くという結果が導き出されました(ロサダの法則)。

フレデリクソン博士は、ポジティブな感情とネガティブな感情をこの3対1の割合で経験する事で、どのように健康が改善し、困難から回復する力が身につくのかを説明しています。

これは、人間関係の向上、健康の向上、抑うつ症状の緩和、視野の拡大にポジティブな感情がどのように貢献するのかが議論されるきっかけとなる画期的な科学的発見でした。

Wisdom2.0早割チケット12月31日まで発売中!

2020年3月21日(土)・22日(日)
虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催

現在、29%OFFの早割チケットを発売中です。(枚数限定)
2020年、日本での初開催となります。ぜひこの機会をお見逃しなく!

チケット購入はこちら

Speaker Profile: Barbara Fredrickson

In her 2009 book, Positivity, Fredrickson’s research defines positivity and how it can transform people’s lives.

At that time, research showed an approximate 3 to 1 ratio of positivity as being ideal in terms of high functioning teams, relationships, and marriages (this is sometimes referred to as the Losada Ratio). Fredrickson explains how experiencing positive emotions to negative emotions in this approximate ratio leads people to achieve optimal levels of well-being and resilience.

This scientific discovery was groundbreaking in beginning the discussions on how a positive state of mind can enhance relationships, improve health, relieve depression, and broaden the mind.

(Sources: https://www.pursuit-of-happiness.org/history-of-happiness/barb-fredrickson/
https://pseudociencia.fandom.com/es/wiki/Barbara_Fredrickson)

Early Bird Tickets (29% off) now on sale Until December 31.

The 2-day conference is scheduled to be held on
Saturday 21 and Sunday 22 of March, 2020, at Toranomon Hills Forum.

Our first Wisdom2.0 in Japan is finally here!
The Early Bird tickets are now on sale for a limited time. Donʼt miss this opportunity to reserve your seat at a 29% discount rate!

REGISTER NOW & SAVE!