wisdom Blogブログ

【松島倫明氏】日本と世界のThought Leaderが提唱する「デジタルウェルビーイング」とは?

2020.09.28

  • Tweet
  • Share
  • LINE

(English version : click here)

荻野淳也からの登壇者のご紹介、第6回目はWIRED 日本版 の編集長の松島倫明氏です。

松島さんは NHK出版書籍部の編集長時代に『フリー』『シェア』『 ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』などの日本語版の出版を手掛けられ、日本の多くのビジネスパーソンが注目をした数々のベストセラーを世に生み出し、これから来るべき世界の新しいビジョン、価値観や思想の数々を提唱されてきました。

その当時は他にも、ニューヨークタイムズの記者が書いた書籍『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』の日本語版や、今年のWisdom2.0でも登壇されるチャディ・メン・タンさんの『JOY ON DEMAND(ジョイ・オン ・デマンド)』の日本語の出版も手掛けられ、世界のマインドフルネスブームの様子を日本に紹介されていた立役者でもあります。

ビジネス領域の最先端のトレンドにも強く、また、マインドフルネスといった世界の Wisdomの流れもウォッチされてきておられます。
それだけでなく、マインドフルネスとトレイルランニングを掛け合わせたマインドフルランニングの企画をされることもあり、ご自身でもマインドフルネスの世界を探求している方でもあります。

最近ではジュエームズ・ラヴロックの『ノヴァセン』の翻訳も自ら手掛けられ、地球規模の視点でこれからの地球と人類のあり方を探求されている、日本のThought Leaderのお一人だと考えています。

松島さんがWIRED JAPANの編集長に就任され手掛けられた特集「デジタルウェルビーイング」の号はまさにWisdom2.0の世界観とも重なるところが多く、その号のみならず、WIRED 日本版の各号の特集にも是非注目をいただきたいです。

今年のWisdom2.0Japanでは、トリスタン・ハリス氏との対談で登壇いただく予定です。
テクノロジーの最先端を生きながら人類のウェルビーイングを研究しているトリスタン・ハリス氏と松島さんの対談に、ぜひご期待ください。

Wisdom2.0Japan 新チケット発売中!

2020年10月17日(土)・18日(日)
オンラインにて開催

国内外のスピーカーより、これからの時代のWisdomについての講演が聞ける【メインステージ】、ヨガやメディテーション、お茶などが体験できる【ムーブメント&プラクティスラウンジ】、対話やチャットなどで参加者同士やスタッフと交流できる【コミュニティラウンジ】など、コミュニティとして気づきや体験を深められる場をご用意しています。

チケット購入はこちら

Speaker Profile: Michiaki Matsushima

What is “digital wellbeing” as advocated by thought leaders in Japan and around the world?
Junya Ogino introduces our sixth speaker, Mr. Michiaki Matsushima, Editor in Chief of WIRED Japan.

During his time as the editor-in-chief of NHK Publishing (Books division), Matsushima-san published the Japanese version of many books such as “Free”, “Share”, “Zero to One: Notes on Startups, or How to Build the Future.” Many of them became bestsellers that have caught the attention of countless Japanese businesspeople, proposing new visionary ideas and values for the future.

In relation to mindfulness, he has published the Japanese version of “Mindful Work: How Meditation Is Changing Business from the Inside Out” a book written by New York Times reporter David Gelles and the Japanese version of “Joy on Demand” by Chade Meng Tan, who will be speaking at this year’s Wisdom 2.0 Japan.

With his strong interest in the latest trends of the global business world, Mr. Matsushima is also an avid observer of mindfulness, which is a popular trend in the world as one type of wisdom. As a practitioner of mindfulness himself, he sometimes organizes “mindful running”, a cross integration of mindfulness and trail running.

Mr. Matsushima recently translated Juames Lovelock’s “Novasen” into Japanese and is considered to be among Japan’s foremost thought leaders in exploring the future of Planet Earth and humanity from a global perspective.

The “Digital Wellbeing” issue that Matsushima-san heavily worked on since taking over the role of editor-in-chief in WIRED JAPAN has a lot of resonance with the outlook of Wisdom 2.0, and I encourage you to keep an eye out for this issue as well as all of the featured articles of Japanese editions of WIRED.

Mr. Michiaki Matsushima will be speaking in this year’s Wisdom 2.0 Japan . Stay tuned for his interesting conversation with Tristan Harris, an expert researcher on cutting edge technologies and human wellbeing.

Wisdom2.0 Japan Tickets On Sale Now!

The 2-day conference is scheduled to be held on
Saturday 17 and Sunday 18 of October, 2020, Online Event.

On top of the Main Stage, Community Lounges are set where participants can interact with one another.
Also, there is Movement Lounge where they can enjoy yoga, meditation and other activities/workshops.
Q&A sessions with the speakers are held throughout the event.

REGISTER NOW & SAVE!